素早く意識する郡山の出会い

私は自分自身を意識している。 “人間が恋人と同じゴシップで分かれて解散し、美しいロボットが研究室に戻った。郡山の出会い血統を変えた女性学者が、ロボットを素早く椅子に座らせ、そのメインスイッチをせっかちな手 “とは言えない…! 「頭の後ろにあるコネクターを開いて端末に接続するのを誤解したので、実験室のドアの前に男が立っていることに気付きました。」私は彼女を追いかけました。送信者はまだ女性だった… “仕事を止めて立つ女性。”はい、申し訳ありません…. “女性学者は、罪悪感が深く、すべてが白くなっていました。女性としての部分は…ロボットほど美しくないし、胸の発育不良も顕著である….このような方法でしかあなたの考えは…」男性は女性の学者の隣に座って聞いた月に注ぐ実験室での話全体に、彼女はそれを見ながらロボットとそのベッドの行為を見た郡山の出会い

 

東北第3の都市・郡山の出会いは、王道とも言える手法で

私も慰めに耽っていました。 “私は本当に悪いことをしました。もしあなたがそれが罪だと言うなら、以前のようにこのロボットを愛してください。私は研究とメンテナンスを続けて、できるだけあなたの理想に応えることができます…”女性の学者、彼の肩に手を置いて、笑顔を見つめた。 「私の考えがあふれているのではないですか?私は男として悪くはないし、郡山の出会いあなたがかわいいと思うことさえもありますが、彼女は美しいですが、実際に彼女はあなたを好きな人に魅力的だと感じています。もっと自信を持ってください」と言いました。どのように親切な紳士……奨学生がますます心をつかんだ男。同時に、彼には大きな疑問と矛盾がありました。 「これは私のものです…かわいい!何ですか?私の理想を具体化するロボットから!何ですか?私は理解できません…!次の朝は、男の家に登場した女性学者でした。郡山の出会いおそらくそれは “私は保つ”のように感じます実際には、それは難しいと責任もあまりにも、それは時々私は家を去らせる(翔子は悪い(下向き矢印))私はそれを手に入れていない新聞の広告に、私はそれが保護しているという通知を見ると何かしたいと思うが、今は手を出すことはできない。いつか、来る子供と一緒に暮らすことができればいいと思う。私は午後8時頃に曇りを覚めるランチ…おやこドン夕食…白身魚のフライドポテトサラダ5時頃雨が降っているにもかかわらず、だから私は外に出たい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です