前橋で出会いがあり素晴らしい物語がある

内容はすべて同じですが、各画像に合わせてラッピングを変更しました(* ^^ *)前橋で出会い

まず、2人が予想外のところからチョコレートをあげました。

同時に彼らは私を喜ばせ、そしてまた他の人が見返りに返すものを私に知らせます(; ^ _ ^ A前橋で出会い

特に
「私はチロルチョコレートだけを出すことができませんでした、しかし私は悪いです、しかし見返りに1ダースかそこら。
物語は素晴らしかったです(笑)

 

前橋で異性と出会いたい…そんな時に使えるレア情報

もう一人は大学生の女の子で、いつも一緒に働いていて、バレンタインにチョコレートを渡すことができませんでした。

前橋で出会い
「カワイイ♪」とジャンプして嬉しかったです(^ω^)

「ねえ、バレンタインも持っていないのも宜しくお願いします〜」。

しかし、私は手作りのチョコレートを用意しましたが、それは私の母と妹によって食べられたことも知っていました(▽;;;)

前橋で出会い
ところで、私はこの女の子が最後に言った言葉に引っ張られました。

どうやら、それは「中毒になる人たちは違う」ということを意味しているようでした、

「マロ、やはりモテる…
私は私が与えた贈り物を見ていたと言っていました

いいえ、お待ちください…
おお、それ?前橋で出会い
お元気ですか?

問題は、本人が全く気付いていないということです(笑)
教えてください
……いいえ、教えてください(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です