リンゴとの出会い

リンゴが成熟すると、リノール酸やオレイン酸などの脂肪酸が増加します。出会いは、皮膚に含まれ、表皮に現れるワックス物質を溶かすので、網状の状態になります。すなわち、リンゴ自体の天然ワックス物質は、断熱および水不透過性の役割を果たす。この出会いは「油流出」とも呼ばれ、むしろ熟していたという印であると言えます。

アラフォーは素直さが出会いを成就する秘訣

また、リンゴの種類によっては、特にヨナ金、ツル、千秋などに見られるワックス物質の分泌量が異なるようです。富士や王の森ではあまり見られません。

電子メールマガジンから
出会いのポイントは、石油を削減することです。テフロン加工フライパンを使用する
大野油でもおいしく調理できます!
はい。ちょうどしっかりと包んでオーブンで焼く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です