回復して確認できた郡山の割り切り

2020/09/09 17:06

3月下旬、 都立小児総合医療センター(府中市)で郡山の割り切り新たな風邪ウイルス感染症で入院した1歳の少年が、

郡山 〜割り切り出会い掲示板【情報】

全身の血管の炎症を引き起こす川崎病と診断されました。新しい風邪と川崎病の因果関係は不明ですが、新しい風邪に感染してから川崎病の発症が確認されたのは日本で初めてです。海外でも同様の事例が次々と報告されており、専門家の注目が集まっています。

センターは近くにあり、日本小児科学会英文学会誌に発表されます。郡山の割り切り

川崎病は、高熱、赤目充血、真っ赤な唇と舌、発疹、手足の発赤、首の腫れなどの症状を伴う、主に乳児を対象とした原因不明の疾患です。血管の炎症反応を抑えるために、早期に発見して治療することが重要です。

センターによると、3月中旬に男の子の母親が新しい風邪ウイルスに感染し、1週間後、男の子も高熱、咳、鼻水を患っていた。彼は母親と密接に接触していたため、PCR検査を受け、陽性と検査されました。その後、陰性が確認され退院したが、3週間後に再び発熱したため、再度病院を訪れた。川崎病は、首の腫れ、手の赤み、体の発疹などの症状から診断されました。その後、炎症を抑える血液製剤で治療を開始しました。翌日、熱が下がり、着実に回復しました。
郡山の割り切り

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です