他人のつぶやきをきっかけに郡山のママ活を利用する

◇ランチ1曲

「こんにちは悲しみ」(斉藤由貴)

◆あなたとワットのための追加コーナー

https://www.nikukai.jp/fukushima-mamakatsu/#heading2

他人のつぶやきに巻き込まれて驚いたとき
こんにちは悲しみ(・ω・`)
ジュースたっぷりの餃子。郡山のママ活
私はそのような見出しに惹かれ、昨夜自分でそれを作ろうとしました。

食べ物はいらないと事前に連絡しました。当然、私はそれを持っていません。

大きな誤算は、ご飯が残っていないということです。

でも、そうなるのではないかと思ったのですが、佐藤さんのお米を予約していたので、まったく動きませんでした。

初め。豚肉みじん切り200g塩2g(材料の1%)
ネギ2/3、ニラ4個
コショウわずかに生姜3g郡山のママ活
ごま油大さじ1
醤油小さじ2
水100ml

これを少しずつ水と混ぜます。

二人用のレシピなので、20個くらい作れるようです。

大きめの皮を使って味噌を包みます。
最初は折り目をつけましたが、これは難しいです。真ん中から迷惑になります
手が不器用なので、しわが上手く出来ないので、閉じるだけです。笑顔
(これは後で悲劇を引き起こします)

この時点ですでに10時を過ぎています。

急いで焼く準備をしなさい。しかし、鍋に油をさしてください。加熱したフライパンに餃子を並べると、大変なことに気づきます。

しわのある餃子がいくつかいいです、
つけなかった餃子を並べることができません。

そうでしょう。三日月形なので立っているので、そのまま並べるとうまく立ちません。

仕方がないので、フライパンに立てかけます。

焼き菓子は…………

これからはクイズですが、どうしたのですか?

言うまでもなく、ご想像のとおり。郡山のママ活

肉汁を包む方法はなく、フライパンですべてが油と混ぜられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です